私がマンスリーサポーターとなっている団体

私がマンスリーサポーターとなっている団体

Twitterのハッシュタグ #寄付宣言 きっかけで、以下のツイートをしました。

毎年12月は #寄付月間 ということで、私がマンスリーサポーターとなっているNPOなどの団体についてまとめてみます。

マンスリーサポーターとは?

これ、NPO界隈の人には、おなじみのキーワードですが、おそらく一般的ではない用語かと思います。毎月継続的に寄付をすることを「マンスリーサポーター」と呼び、それを行っている人のことと「マンスリーサポーター」と呼びます。

最近は、サブスクリプション型(月額課金型)のサービスが増えてきたり、オンラインサロンが流行っていたりしますが、それの「寄付」版と考えると分かりやすいかと思います。

NPOを経営する側としては、毎月定額の寄付をいただけるのは、経営の安定という意味でも非常にありがたく、私が事務局長を務める 特定非営利活動法人Alazi Dream Project でも導入しています。

私がマンスリーサポーターとなっている団体

さて本題です。私がこの記事の執筆時点でマンスリーサポーターになっている団体等です。団体のビジョンまたはミッションとマンスリーサポーターになったきっかけをご紹介します。

特定非営利活動法人Alazi Dream Project

誰もが夢を実現できる世界へ

いきなり手前味噌で恐縮ですが…自分が事務局長を務めるNPO法人アラジへは、会費のほかにマンスリー寄付もしています。

特定非営利活動法人アジアの子供たちの就学を支援する会

子どもがあたりまえに学校へ通える世界をつくる

アラジの会員にもなっていただいている山崎さんがプロボノとして活動している団体を支援しています。小さなお子さんがいらっしゃる方は、ぜひこちらのショップをチェック!

特定非営利活動法人ジャパンハート

医療の届かないところに医療を届ける

継続的な寄付|寄付をする|ジャパンハート

おそらく私が、一番最初にマンスリーサポーターになったのはこの団体。どこだか忘れましたが、創設者の吉岡さんの活動を知ったのがきっかけでマンスリー登録しました。

特定非営利活動法人 Learning for All

すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、自分の力で人生を切り拓くことのできる社会の実現を目指す

サポーター募集|Learning For All 教育格差を終わらせる

教育関連のイベントでこの団体の講演をきいてサポーターになりました。ここは、問題解決への仕組みづくりがすごい上手だな、と感心しました。

認定特定非営利活動法人かものはしプロジェクト

子どもが売られない世界をつくる

寄付・募金で支援|認定NPO法人かものはしプロジェクト

かなり前に、寄付キャンペーンのWebページを見て、売られていく女の子のストーリーに衝撃を受けてマンスリーになりました。このNPOが、すごい実績のある大きなNPOだということを、かなり後になってから知りました。

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン

人と自然が調和して生きられる未来を目指して

ご支援のお願い|WWFジャパン

正確には日本法人ではなく、WWF本部のほうへマンスリー寄付しています。メールで「ゾウの保全」みたいな活動内容が送られてきて、思わずマンスリーになりました。自分の会社の社名にしてしまうくらいゾウが好きなので、密猟の話とか写真とか見ていられませんでした。。。

元不登校生たちが運営する中高生向けフリースクール『Riz』

嫌な学校からは逃げてもいい。安心できる居場所を探そう。

元不登校生たちが運営する中高生向けフリースクール『Riz』

NPO法人アラジ主催の第4回ソーシャルドリームコンテストで、代表の中村さんの熱い想いを聞いて、マンスリー支援を開始。若い人が生きやすい社会になって欲しいものです。

認定NPO法人エバーラスティング・ネイチャー

種を絶滅させないことを絶対条件に、生物だけでなく生物と関わりのある人間の営みをも持続できる世界を目指す

2018年のグローバルフェスタでこの団体を知って支援しました。カメが好きなので。いつかウミガメ見に行きたい。

最後に

個人的には「日本には寄付文化がない」と悲観したり、寄付キャンペーンの打ち出し方に異議を言ったりする気もないですが…

寄付というのは、自分ではない誰かの未来に投資することだと思っているので、自分のために消費する・投資するのも良いですが、他人のために投資してみるのも悪くないので、寄付月間を機に、そんなことを考えてみてもよいのではないでしょうか。